まつげ美容液のおすすめ 人気 評判はどれ?エマーキットの口コミや効果をレビューするブログ♪

本当にまつ毛が伸びるボリュームアップ 効果がるまつげ専用美容液・まつげ育毛剤はどれ?まついく美容液 伸びたと評判のエマーキッドの効果やくちこみ 感想を写真付きレビューで体験談を詳しく紹介しています^^

はれぼったくないのないスッキリまぶたに 目のむくみの予防法や原因について

まぶたが重く腫れていたりむくむときってありますよね(>_<)

アイメイクも決まらないし、とっても困ります・・

なぜまぶたがはれてしまうのか、防ぐ方法やはれを取る対処法をご紹介します。


まぶたがむくむ原因は?

急に目が腫れぼったくなるのは水分が溜まってむくみが起きているからです。

目元は特にむくみが起こりやすい場所です。

 

なぜかというと、皮膚に厚みがないため症状がとても出やすくなってしまうからなのです。

 

まぶたがむくんでしまう原因は色々あります。


アルコールによるむくみ

お酒の飲みすぎは目元のむくみの原因となってしまいます。

 

お酒を飲むとトイレが近くなりがちですよね。

 

それはなぜかというと、アルコールを飲むことによって排尿のコントロールがが上手く
機能しにくくなってしまうからです。

 

体は水分を出そうとしてしまうため、水分不足の状態になってしまいます。

その状態を補おうと、今度は逆に水分を溜めようとします。

 

それが原因となり、お酒を飲むと体がむくみやすくなってしまうのです。

 


塩分によるまぶたのむくみ

 しょっぱい食べ物を取りすぎると、むくみが起こりやすくなります。

 

塩に含まれる成分のナトリウムには、水分を溜めようとする働きがあります。

 

体の中に塩分と水分が増えてしまうと血圧が上がってしまいます。


血圧が上がるときに血管から水分が出てしまい体がむくんでしまうのです。

 

塩辛い食べ物や飲み物が好きな方は食べすぎないようにすることが大切です。

 


涙が出たときにまぶたをこする

 涙が出た翌日は目がはれますよね。

 

それは、泣くことによってはれるのではなく、まぶたを触ってしまうことに原因があります。

 

まぶたをこすると目元がむくみやすくなってしまうので、泣いたときは目をこすらないよう気を付けましょう。

 

まぶたや目元 顔のむくみを防ぐ方法

適度な運動

 体を動かすことはむくみを改善するためにとても有効です。

 

何かスポーツやランニングなどをすることが理想ですが、忙しくてなかなかできない場合は、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使うなど、なるべく体を動かす機会を多くするようにしましょう。

 

テレビを見ながらのエクササイズやトレーニングなど、ながら運動は簡単にできるのでおすすめです。

 


塩分をとりすぎない

 上記に書いたように塩分のとりすぎはまぶたのむくみの原因となってしまいます。

 

現代の食事は意識しないと塩分過多になりがちです。

 

ラーメンなどには特に多く含まれているので、食べた後にむくみを感じる方もいるのではないでしょうか。

 

意識して減塩するようにすることがむくみの改善に効果的です。


ラーメンやうどんなどであればスープはなるべく飲まない。


インスタント食品や加工食品には多くの塩分が含まれているため、なるべく量を減らす。

 

自分で調理する場合は、だしなどを活用して塩の量を減らす工夫をする。
などの対処法ができます。

 


枕の高さに気を付ける

 枕が高いと、首にしわができたり首が疲れるといったことが起こるため、枕なしで寝たり、とても低いまくらで寝る方もいます。

 

しかし、低すぎる枕は頭の位置を低くしてしまう為、顔に水分が溜まりやすくむくみの原因となってしまいます。

 

まくらの適度な高さは、体の中心と顔の中心が平行になるような高さのものです。

体に合った高さのものを選ぶようにしましょう。